神経因性疼痛の痛みとは

線維筋痛症の痛みは、偏頭痛や生理痛、腰痛や関節痛などから始まって、徐々に全身に広がっていくタイプや、手術や外傷があって、その痛みが取れないなぁと思っていると、我慢ができないような痛みに発展していくものなど、さまざまあります。

環境の変化をきっかけに発病することも多く、眠れないなどの他の症状を伴うことも少なくありません。

妊娠、出産、子育て期などに辛さをことさら感じたりすることも。

痛み自体は、いわゆる疼痛と言われるものが多いといいますが、これも感じ方は人それぞれです。

神経因性疼痛などとも言われています。

神経障害性疼痛には、癌の化学治療や糖尿の末梢神経の損傷などでも、同様の痛みを感じるといいます。

◇参考記事:糖尿病による神経の痛み(http://www.health.ne.jp/word/d4023.html

全身に疲れを感じやすくなったり、季節の変わり目や日中でも気温や天候が変わると痛みが増したりします。

また、全身を移行しながら痛みが絶えずあり、常時どこかが激しく痛いというような状態になります。

ちょっとした皮膚への刺激で痛みを感じるため、洋服が当たったり、湿度や温度が変わるだけでも、痛さを感じることもあります。

Comments are closed.